Column

コラム

中国国内での生産移管5つのポイント(4)
~資産売却・廃棄対策編~
設備移転・移設のノウハウ【中国→中国】

さて、中国国内での移転対象の工場では、設備・資産等の現地での売却あるいは廃棄が必要となるケースも生じます。

ここで気を付けるべきポイントは、資産台帳に掲載されている設備は売却・あるいは廃棄前に
税務当局に相談が必要なケースがあります。
また、処分するといって引き取った第三者から情報漏洩してしまうリスクなどもあります。

なお株式会社SEALSでは、コンプライアンスを遵守し適正に処分することと共に、
工作機械や半導体製造装置等の設備はもちろん、売れ残った機材や
机・備品に至るまで有価で買取を実施いたします。

中国国内での生産移管5つのポイント(4)~資産売却・廃棄対策編~設備移転・移設のノウハウ【中国→中国】

いかがでしょうか。 設備海外移転・移設ナビを運営する株式会社SEALSでは、こうした中国国内における
生産移管(設備移転・移設)に関する各種サービス・アドバイザリー業務を
行っております。当社のサービスへのお問合せは下記フォームからお気軽にどうぞ。

(※本コラムは、2021年10月現在の法令に基づき作成されております。)

設備海外移転についてのご相談はこちら

コラム一覧はこちら

関連記事一覧