Column

コラム

日本から中国への工場進出6つのポイント(5)
~中国の中古機械輸入規制への対応編~
生産拠点の海外移転のリスク対策は大丈夫ですか?【日本→中国】

ご存じでしょうか?中国には中古機械の輸入規制があります。中国に中古設備を持ち込む為には、中国当局(検査検疫局)の指定期間の出荷前検査を受ける必要があります。

各国には中国当局指定の検査機関が存在します。
日本国内にも検査機関が存在しており、中国へ輸出する全ての中古機械は船積み前検査を
受けなければなりません。

船積み前検査に合格するには、中国の工業規格(GB規格)への対応が必要となります。

例えば操作盤の表記を中国語に変更する、配電盤の中のアース線の色をGB規格に対応させる、
といった改造が求められます。
また、圧力容器等輸入ができないものもあり、輸入可否の選別が必要となります。
慣れていなければ、こうした手続きは煩雑で、また事務処理等の工数を多大に要します。

そこで、設備海外移転・移設ナビを運営する株式会社SEALSでは、こうしたGB規格に対応する設備の
改造はもちろん、輸入可否の確認から現地輸入申請・通関等の対応までワンストップで請け負うことが可能です。

いかがでしょうか。 設備海外移転・移設ナビを運営する株式会社SEALSでは、こうした
日本法人と中国現地法人とのグループ会社間取引(移転、移設・進出)に関する各種サービス・アドバイザリー業務を
行っております。当社のサービスへのお問合せは下記フォームからお気軽にどうぞ。

(※本コラムは、2021年10月現在の法令に基づき作成されております。)

設備海外移転についてのご相談はこちら

コラム一覧はこちら

関連記事一覧