Column

コラム

日本から中国への工場進出6つのポイント(4)
~現地エンジニアリング編~
生産拠点の海外移転のリスク対策は大丈夫ですか?【日本→中国】

さて、無事に中国への設備の移転・移設手続きが行えたとして、次に問題となるのが中国への設備梱包・出荷、さらに中国現地での据え付け・立上げ作業です。

設備の移転・移設に必要な作業(工作機械の場合)は、主に次の6つの手順を踏みます。

<設備の移転・移設に必要な作業(工作機械の場合)>

① 立ち下げ:静的精度測定
② 立ち下げ:軸固定・防錆・解体(縁切り)
③ 立ち上げ:周辺ユニットの接続
④ 立ち上げ:移設検知器解除(メーカーにて)
⑤ 立ち上げ:静的精度の復元
⑥ 立ち上げ:動作確認(各軸、ATC&APC、クーラント等)

複数台中国へ移設する場合、それぞれの製造元のメーカーに上記作業を依頼する必要があります。
その場合、日本からエンジニアを派遣したり、また、立ち上げのスケジュール調整など膨大な手間が発し、
コスト面・日程面で難しい問題が生じます。

その点、設備海外移転・移設ナビを運営する株式会社SEALSでは、
上記の手配をお客様に代わってワンストップで提供いたします。
また、自社エンジニアの派遣、現地協力会社の起用等を行い費用低減も可能です。
株式会社SEALSは、複数の国内有名工作機械メーカーの公認協力会社となっています。

いかがでしょうか。 設備海外移転・移設ナビを運営する株式会社SEALSでは、こうした
日本法人と中国現地法人とのグループ会社間取引(移転、移設・進出)に関する各種サービス・アドバイザリー業務を
行っております。当社のサービスへのお問合せは下記フォームからお気軽にどうぞ。

(※本コラムは、2021年10月現在の法令に基づき作成されております。)

設備海外移転についてのご相談はこちら

コラム一覧はこちら

関連記事一覧